2010年06月11日

不況グラビア界も苦労中

不況っていうか、グラドルが多いんじゃないかとおもいます。

カフェには常時約10人が出勤予定、今後はステージを設け、
お笑いなどさまざまなジャンルの若手が活躍する
きっかけになる場にしていく予定、店舗ではグッズ販売や
サイン会も行うとのこと。

あのぉー、これって、カフェじゃなくてキャバクラ、では?
夜しか営業していないのってカフェじゃありませんよね?
なんてカフェってオシャレ感出すのでしょう。
せめてもパブ、にしては?
本来のカフェに対して失礼ではないでしょうか。

料金は席料・ドリンク代などがセットで60分5000円、
指名や隣に座っての接客、写真撮影は不可、
営業は午後6時〜午前0時ですって。

マニアの中ではもうカフェにいってFXスワップ命をもっていったとか。


この写真、カフェの店員さんのイメージから大きくかけ離れており
キャバ嬢の集い的なグラビアですね。
しかも60分5千円、ですか。
露出度の高いギャルが多いようですから、いい目の保養になりそうですね。
それにしても、何度も書いてすみませんが、カフェ、と呼ぶのは
やめていただきたい。


<タレントカフェ>グラドルの卵が出勤 業界の不況対策で六本木にオープン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000002-mantan-ent

これから水着の季節最近の話題を語るではたくさん仕事がありそうですね。


グラビア業界も不況に見舞われる中、芸能事務所が協力し、
ファン拡大を目指して東京・六本木で、グラビアアイドルの
卵たちが接客するタレントカフェ
「G−RAVURE(ジー・ラビア)」を
オープンすることが29日、明らかになったそうです。

参考です:加藤ローサ画像・壁紙ブログ


なんでもいいですけどね。
posted by tamiji at 15:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。