2010年05月04日

病気に強いカーネーションを開発

カーネーションもかなり品種改良されてますもんね。

花恋ルージュ、ってネーミング、可憐でしょうか?
ルージュ、って深紅だから??
もうちょっと何かいいネーミングなかったのでしょうか。
80年代ポップス(ユーミンとか)の曲名みたい・・・。

システムトレード日経225先物でもプレゼントしようかな。


<カーネーション>新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000016-mai-soci

細菌に強い新しい品種のカーネーションを、
農業・食品産業技術総合研究機構「花(か)き研究所」が開発し、
「花恋(かれん)ルージュ」と名付けたそうです。
病気に負けない「枯れん」と「可憐(かれん)さ」をかけ、
誰からも愛される花に、との願いが込められているとか。

写真を見ると、野生種、うちにあるラベンダーに
似ているのですが。
紫色で花の形もそっくり!
このカーネーションに似ても似つかない野生種を交配させて
深紅の綺麗なカーネーションが作れるなんて、
すごいですねー。

去年の母の日はロールケージつけてレースしてました。


カーネーションには「萎凋(いしゅう)細菌病」と呼ばれる病気があり、
発生すると数百本以上がまとまって枯れるため、
園芸農家の悩みの種になっていたようですが、
病気にかからない野生種を園芸用の美しい品種と交配、
5世代約20年をかけてこの品種を作ったとのこと。
ずいぶんな年月がかかったのですね。
今年の母の日には市場に並ぶ見通しだそうですよ。

母の日には何をあげようかな。
posted by tamiji at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。